1日が「ついたち」と呼ばれる訳は?

| トラックバック(0)

にほんブログ村 ファッションブログ パワーストーンへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へにほんブログ村 哲学・思想ブログ 密教・修験道へ

今日は11月1日です。

なぜ、毎月、1日は「ついたち」と呼ばれているのでしょうか?
これは、旧歴に関係しております。
旧歴では、毎月の初日を「ついたち」と呼び、月立ちの意味です。
つまり、月の旅立ちのことです。
この日から天空を移動する月の旅が始まると考えられていました。
 
現在では、地球が太陽のまわりを一周する時間を一年とする
太陽暦(新暦)と呼ばれていますが、
古くは、月の運行(満ち欠け)をベースにして作られた、
太陰太陽暦(旧暦)を使っておりました。
日本では1873年明治六年頃から、この新暦が用いられるようになりました。
 
古においては、月との関係が我々人間や自然界において、
とても重要な位置づけとして考えられていました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ryuhodou.com/rapps/tbsys/121

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

龍宝プロフィール

カテゴリ

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、龍宝が2010年11月 1日 13:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「10月と11月の開運吉方位 アップしました」です。

次のブログ記事は「豊かさをもたらすパワーストーン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。